痔の手術 局所麻酔の痛みは?! 激痛と聞きますが

hcyottomatteyo20140810-.jpg

 痔の手術は、痔核、肛門周囲膿瘍・痔ろう、裂肛などの症状によって、今ではざまな手術があります。
 もちろん、メスを入れることになるので、必ず麻酔をする必要があります。
 麻酔にも種類があり、その中でも局所麻酔はかなり痛い、痛いというよりも激痛だとはよく聞きます。

 いったい局所麻酔はどのようなもので、どれだけ痛いのでしょうか?
 この局所麻酔について、今回調べてみましたので、ご紹介します。

 

  • 私が体験した手術とその時の麻酔

  • 私は、四ヶ月の間に計3回の腰椎麻酔、痔の手術を行っています。

    一回目は一ヶ月以上前から予定して入院して行った内痔核根治手術。
    二回目は一回目の手術後の入院中に大量出血がおこり、実施した緊急止血手術。
    三回目は内痔核根治手術の手術・入院から退院した後の約三ヵ月後の肛門周囲膿瘍での排膿手術。

     これらの手術はいずれも、腰椎麻酔を受けました。三回目の肛門周囲膿瘍での排膿手術では、「局所麻酔でもできますが、かなり痛いです。一晩入院となりますが腰椎麻酔で受けられることをお勧めしますよ」の看護士さんに言われて、ものの数秒も考えずに、「では腰椎麻酔でお願いします」と即答していました。

     もともと局所麻酔は気絶するほど痛いとよく聞いたり、見たりしていたのが頭にこびりついていたので、即座の判断となったのだと思います。


  • そもそも局所麻酔とは

  •  局所麻酔とは、全身麻酔の逆で、名称は局所浸潤麻酔で、神経を一時的に麻痺(まひ)させる薬を手術をする場所に直接注射して痛みをなくす方法とのことです。
     広い意味では、硬膜外(こうまくがい)麻酔、脊椎(せきつい)麻酔・腰椎麻酔などの局所麻酔薬を背骨にある太い神経のまわりに注入し広い範囲の痛みをなくす方法も局所麻酔のなかまといえるようです。
     ここでは、歯医者さんで打つ麻酔と同様で、肛門付近に部分的に注射で注入する麻酔に関して局所麻酔と呼んでお話していきます。


  • 局所麻酔で行う痔の手術・痛み

  •  施設や医師、また患部の状態によっても違うようですが、日帰り手術でできる外痔核、浅い内痔核、肛門周囲膿瘍の排膿などの場合に肛門付近に複数の箇所に注射して、麻酔を行うようです。
     この肛門付近の局所麻酔は、

     痛くて耐えられない
     大声で叫ぶほど痛い
     痛いを連発して、悶絶するほど
     のたうちまわる痛さ
     暴れるほど痛く、看護士さんにおさえつけれる
     生きてきた中で一番の激痛
     死んだほうがマシ

    と言った、一体どれほど痛いのかと、想像もつかないほどです。

     私は、二回目の手術、大出血した時の手術前に、内痔核手術後、一週間ぐらい(まだ鎮痛剤飲んでいるころ)の時で、さらに、出血の状態を診察するために、中をみる器具を肛門内に入れた時は、こぶしを握りしめ、診察台の手すりをギュ~ッと握りしても、絞り出るような声で「痛~~~い」と発していましたが、それと同等なのでしょうか。
     歯医者さんで、麻酔を歯茎に打たれているのが、それが肛門になったと思えばよいかと思いますが、やはりどれほど痛いのかの想像ができません。 


  • 痛くない局所麻酔がある?!

  •  あまりにも痛いと評判の局所麻酔ですが、痛くない局所麻酔の記事を見つけました。
     局所麻酔の痛みが少なくなるように工夫、麻酔のために麻酔をまずする、細い針で浅いところからして、徐々に深いところへ麻酔をしていく等、ちまたで思われているほどの痛みは感じさせないというものでした。
     詳しくは、大阪肛門科診療所のページをご参照ください。




 痛みというものは人によっても、感じ方が違うものです。幸い私は局所麻酔をするような場面はありませんでしたが、痛いのは麻酔だけでもありません。
 しかしながら、過度に恐れる必要は無いと思います。その時は痛いと感じても、過ぎてしまえば、そこまでの強烈な記憶としては残っていません。(つらいことは忘れるように人間はできています)
 決して、耐えられない痛みではないかと思います。
 
 そうは言っても、痛いものは痛いし、事前に心配するのは仕方ないかと思います。
 
 しかしながら、痛いことされるのが怖いから病院に行かないという選択肢をとらないで頂きたいことは改めて、お話しておきたいことです。ほっておいてもよくなりませんので。

 
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク
カテゴリ: 痔 一般知識

コメント

No title

> 三回目の肛門周囲膿瘍での排膿手術では、「局所麻酔でもできますが、かなり痛いです。一晩入院となりますが腰椎麻酔で受けられることをお勧めしますよ」

はじめまして!大変参考になりました。

とてもよい病院に当たられましたね!
差し支えなければ、どちらを受診されたかシェアしていただけませんか?

2017/01/16 (Mon) 10:23 | jophan #xDU5tAck | URL | 編集
Re: No title

こんにちは、コメントのほどありがとうございます
病院ですが、当ブログでもご紹介しております、横浜の松島病院さんでお世話になっておりました

下記記事カテゴリで通院までの経過を記載しておりますので、ご参考になれば幸いです
http://nantokaganbaruzo.blog.fc2.com/blog-category-1.html


> > 三回目の肛門周囲膿瘍での排膿手術では、「局所麻酔でもできますが、かなり痛いです。一晩入院となりますが腰椎麻酔で受けられることをお勧めしますよ」
>
> はじめまして!大変参考になりました。
>
> とてもよい病院に当たられましたね!
> 差し支えなければ、どちらを受診されたかシェアしていただけませんか?

2017/01/16 (Mon) 12:22 | 何とか 頑張るマン #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する