スポンサーリンク









痔に効果のある温泉を調べてみました

御風呂の効能ははかりしれないものがあります。ただの御風呂も痔にいいのであれば、温泉だったらなお良いだろうそんな気持ちで、痔に効く温泉はどこにあるのだろうと思い調べてみました。痔疾に良いとされているのは以下の泉質のようです二酸化炭素泉炭酸水素塩泉塩化物泉硫酸塩泉含鉄泉硫黄泉酸性泉放射能泉単純温泉んっ、よく見るとほとんどの温泉ではないでしょうか。確かに温泉にいくと効能として、痔疾と書いてあるのを見かけ...

続きを読む

免疫力を高める 笑いの重要性

今日は土曜日で、仕事も休みで、どこにも、出かけずゆっくりしています。それほど痛みはなく、家で横になって、療養しています。肛門周囲膿瘍・痔ろう、内痔核の診断、手術した時にはあまり気にしていませんでしたが、いざなってみて、初めて色々調べました。肛門周囲膿瘍は、便に含まれる細菌、主に大腸菌が、穴、傷に感染して炎症して膿むので、下痢を防ぐ、体力や免疫力が弱まらないようにすること等しか、予防しようがないとの...

続きを読む

痔の手術をすることになった方 不安はありませんか 安心してください

ちょうど、3年前の今頃、私自身は痔の手術をすることになり、手術までの期間をモンモンと過ごしていた頃でした。今振り返ると、ちょうど手術まで、あと半月ぐらいのところで、いろいろな思いをめぐらせておりました。おそらく、痔の手術をするという方は、何回もやられている方は少なく、初めて手術するという方が大半ではないでしょうか。初めての肛門科、初めての手術・入院という想像がつかない事に、とまどってらっしゃる方も...

続きを読む

いぼ痔・切れ痔・あな痔(痔核・裂肛・痔瘻) 痔の種類と呼び方 全て分かりますか?

 お恥ずかしながら、私は肛門科に通院するまで(出血が止まらなくなり、病状、病院調べるまで)は、痔の種類と呼び方を知りませんでした。今では、医学的な病名から、俗称とその概要までは分かるようになっています。(概要が分かるというか、自分自身が罹患したと言った方がよいでしょうか) 痔というと、肛門周囲にできた疾患ですが、痔と名がつく疾患は以下の3つとなります痔核 いわゆるいぼ痔のことですが、痔核のなかでも...

続きを読む

痔ろうの手術の種類とその特徴

  痔ろうの手術にはどのような種類があり、それぞれ長所、短所、どのような特徴があるのでしょうか。  調べてみましたので、ご紹介します。 痔ろうになった場合は、薬では治らず、100%手術が必要となりますが、痔ろうの手術には大きく分けて3種類あります。 痔ろうの手術は、「切開開放術」、「括約筋温存術」、「シートン法」の3つに分けられますが、 それぞれの手術の方法と、特徴についてですが切開開放術 比較的...

続きを読む

海外のトイレ事情 香港編

痔持ち(元痔持ちですが)な私ですが、普通の会社員で、さらに出張が多い部署にいます。出張が多いとはいっても、大半は国内出張で、新幹線、飛行機といった乗り物には良く乗って、移動も多いです。ふだん国内出張は多いのですが、海外担当の部署の担当者が急遽インフルエンザになり、その代役が私にまわってきました。同じ製品を扱っていて、いつも出張が多いから、同じだろうというあまりにも安易な理由での出張のピンチヒッター...

続きを読む

冬 寒さは痔の大敵 痔は冬場の悪化に注意です

ちまたでは、最強寒波の到来で、非常に寒い日が続いています外に出て歩くだけで、足先から、体まで凍えて、芯まで冷える感覚になりますそして、一番寒いのは、冷え切った駅のプラスチックのベンチに座った時のあの冷え方太ももからおしりにかけて、氷でもあてているんじゃないかと思えるほどの冷たさ「あ~やっぱり座るんじゃなかった」と後悔する冷たさですさて、そんな寒い冬痔には大敵ですなぜ、冬は痔の大敵なのか冬はもちろん...

続きを読む

痔かな 病院行かなきゃ 痔の病院選びの大切さ

もう、2016年という年も残りわずかになってまいりました。2014年の10月に手術をしてから早2年と3ヶ月が過ぎようとしています。内痔核での手術、入院、痔ろうの緊急手術、入院と痔の手術と治療に関しては、自分自身でもだいぶ経験していると思います。慣れたくはありませんが、あの内痔核の手術後後の痛み、つらさはぞんぶんに味わっており、できる限り自分の経験を活かして、誰かのお役にたてればと思っています。さてそんなな...

続きを読む

前回の大腸内視鏡検査から2年経過 まだ検査に行っていない

前回の内痔核根治手術時に受けた大腸内視鏡検査あれから2年経過し、受診のご案内を松島病院から頂きましたが、仕事が忙しいのにかまけて、まだ再検査にいけていない状況です痔の状況はだいぶよく、特に今現在は特に問題もなく過ごすことができていますが、大腸に関しては外からの症状は分かりづらいので、大腸内視鏡検査をするしかありません。それは分かってはいるのですが、自分自身調子が悪いこともなく、仕事が忙しいという理...

続きを読む

スポンサーリンク